RSS | ATOM | SEARCH
レジサポラインの確認で必要なテクニカル分析とは

JUGEMテーマ:FX初心者

 

前回のブログで金利の決済はトレンドを

推測するとお伝えしましたが

今回はトレンドを知るための支持線と抵抗線について

説明させて頂きます。

 

トレードを行うために相場を判断する

指標としてトレンドをわかるには

 

為替チャートの指標を推測するための

知識が必要です。

このチャートを表す基準や動向を表したものが

レジサポラインという支持線と抵抗線です。


**************************************

わかりやすく説明しますと


支持線(サポート)は為替チャートの指標が上に

上がっている線(株式チャートの上昇線)です。

 

買い手のタイミング(買う)を判断する
抵抗線(レジスタント)は為替チャートの指標が下に

下がってく傾向(株式チャートの下降線)です。


          基準ライン=水平線という

 

抵抗線は高値を基準に引かれた過去の線です。

抵抗線のラインを基準に持っている外貨の決済の

(売る)タイミングを判断します。

支持線は指標が上がったあとに落ちた基準ラインです。

わかりやすく説明すると

はじめに為替チャートの基準(水平線)があり


この基準ラインを目安にチャートの波がありますが

市場動向により指標が跳ね上がったり急落したりします。

この跳ね上がりや急落の目安になるのが

基準ライン(水平線)ですが、


抵抗線は損失基準(これ以上は大きなリスクがある)

ストップ基準になります。

外貨を売るタイミングです。

支持線は指標が上がった時点に引かれる線ですので

下値(底をついた)ので外貨を買う指標です。

急落や跳ね上がりなど

市場環境の大きな値動き(変化)で判断基準が
逆になります
ので注意が必要です。

この判断をトレンドを見きわめるなどと言われています。


***********************************
 



それではトレンドを見極めるためには

為替チャートの指標をどう推測、

判断したら良いのでしょうか?

それはチャートを分析しトレンドを表す

上昇ラインや下降ラインが為替チャートに

現れるので確認します。

 

(ロウソクチャートのひげやロウソクの

 高値でラインになる線を引く)

このラインをトレンドラインと言いますが

チャートの傾向が大きく上昇、下降します。
 

チャートなので上昇、下降を繰り返しながら

上がり(下がり)ます。

このトレンドラインにも

上昇トレンドライン、下降トレンドラインがありますので

確認時は注意してください。

****************************


現在のマーケット動向は国内はGDPが悪化傾向に

変わるという状況ですので

 

金融の追加緩和はFRBが中心になっています。

ドル円なども環境はあまり変わらず

過去のものになってしまい

 

あまり値動きはしませんので

金利の動向はあまり変わりません。

トレンドの動向が変わる要因がマーケットで

伝えられるまではトレードはさけるべきです。

 

***************************

 

FX指標はテクニカル分析を

行うために利用する指標です。

 

トレーダーはテクニカル分析を行い

価格データと価格の推移を予測します。

過去のパターンを見つけ出し

それを元にトレードの方法を 作り発生している

パターンを識別し利益になる トレードを推測します。

相場で起こる流れは人同士の取引になっています。

 

だからテクニカル分析でサインが発生する前から

自分でやるべき 確認をわかり早い段階で

エントリーができます。

FXは相場が大切です。

午前中の取引(前場)で取引するようにしましょう。

自分のルールにあった分析を行い

ルールに合った意思決定を行うべきです。

********************************

FXローソク足チャートの見方と関係があるのですが
為替チャートの指標の形で為替の判断を行う

基本パターンを教えます。

この為替チャートの基本パターンは

売りと買いの決済を行う為の指標の見方です。

 

トレンドの傾向を指標の波の動きや形で判断するのですが

FX投資を行う場合、期間は短期間になります。

市場分析を行い投資する期間を考え

買いの合図になるまでは

 

為替チャートの傾向を把握しておく

取引のタイミングを間違えません。

****************************

それでは判断を行う為の基本パターンを紹介します。

Wトップ、Wボトム     

相場の天井(一番上)と相場の底(一番下)を

表し上昇傾向の低下、上昇の変化(上昇ストップ)を表します。

Wトップは売りの合図を表します。

Wボトムは下降傾向の低下、下降の変化(下降ストップ)

を表し買いの合図を表します。

 

ヘッドアンドショルダー  

相場の天井、大底になる可能性を表します。
ネックラインから頭頂まで大幅に下落する可能性が有ります


この形はトレンドが上昇トレンドから

下降トレンンドに変わる時、


逆の下降トレンドから上昇トレンドに変わる時に現れる反転
パターンもあります。


こういった指標の形を推測できる

スキャルピングのように超短期トレードを行えます。
 

 



*******************************
 

テクニカル分析の方法は

 

トレンド(為替の方向を表す指標)とオシレーター

(一定期間の通貨の売られ、過ぎ買われ過ぎを表す指標)

の2つに分かれます。

トレンドを表すテクニカル分析(短期予測)

為替チャートの指標が上昇トレンドなら

(コールオプションの通貨ペア)買いのみ、

 

下降トレンドなら(プットオプションの通貨ペア)

売りを為替チャートのトレンドに合わせて行い

利益確定を判断します。

オシレーターを使ったテクニカル分析(中、長期予測)
この分析は現在のトレンドの強さや変化の大きさを

予測するときに用いられます。

オシレーターは振り子という意味なのですが

レンジ相場(一定の値幅で上下を繰り返している相場)など

ボックス圏で推移している時に有効な分析です。

相場の状況によってトレンド系とオシレーター系の

テクニカル分析を合わせ使っているトレーダーが多いです。

****************************

わかりやすく説明すると

トレードにより違う通貨ペアの保有期間でテクニカル分析の

トレンド(短期)オシレータ(中長期)を組み合わせながら

 

指標を推測することで為替チャートの相場環境を

適切に判断し 売買のタイミングをわかります

為替チャートで使うテクニカル分析を

説明している動画です。ご覧ください

         

****************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)
携帯からの検索は一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付をクリックすると

関連ブログを閲覧できます携帯、スマートホンの場合は

 

ブログの下のカレンダーの日付

クリックすると関連ページを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。


関連サイト 情報商材分析、販売ブログ 
FX投資商材「徹底分析」利益に変わるブログ

 

はこちらのURLから閲覧をお願いします。
https://toushi-return.xyz


****************************

author:アプリブログ, category:FX, 16:17
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:17
-, -
Comment