RSS | ATOM | SEARCH
投資に必要な金融と金利の種類を説明

JUGEMテーマ:生活お役立ち

 

 

今回は短期や長期運用で必ず

必要になる専門知識の1つでよく利用される

金融と金利の違いを説明します。

 

金融と金利など似ている単語は

間違えやすいので詳しく違いを伝えます。

******************************

金融とは

お金の流れを言います。

金利とは

お金が 必要な人にお金を持っている人が

お金を貸す投資する仕組みを言います。

会社が営業を行うため商品を開発する、

取引するなど必要になるお金を
 

借りる場合銀行などの金融機関から

借りる場合もありますが、

会社は運用資金を作るため株式といった証券を作り

お金を持っている人に販売します。

この証券をお金を持っている人に買ってもらう

投資してもらう場合を言います。

分かりやすく言うとお金を借りるために

会社や銀行が発行できる証券や


債券をお金を持っている人に

買ってもらい資金を作る流れを言います。

*******************************

金利は銀行にお金を預けると貰えるお金(利息の幅

国が貿易など企業の作った商品を売る、

他の国の商品や農作物を買い

 

国がプラスやマイナスになったお金を

国の環境を調査し銀行や金融機関が

 

金利を上げたり下げたりするという

判断を降す仕組みです。

 



********************************

FXに必要な金融とは

 

どこの業者で口座を開くかという意味を指します。

初心者の方は悩まれると思いますが、

コストや便利な機能サポート体制など


会社の特徴を理解し自分にあった

口座を開く必要があります。

ここで間違えてはいけないポイントは

 

ネット証券や銀行でFX口座を開くのではなく

FXだけ取引をしている業者を選びます。

ネット証券や銀行などでは他の投資商品も販売しています。

データ管理などもシステムになっているのですが

投資が複数ある場合管理が分かりづらいので、

FX業者を選ぶと口座を管理しやすいです。

******************************
 

直接金融と間接金融の違い

直接金融とは

直接金融とはお金を必要とする相手に直接

お金を出資する仕組みです。


(株式や債券など)投資家、出資者は

株式や債券を購入し配当や利息を受け取ります。

間接金融とは

お金が必要な人に預金者からお金を借り貸し出します。

 

分かりやすくいうと銀行の仕組みです。
お金を預ける人と借りる人がいるという仕組みです。


*******************************

金融の仕組みを分かると

流れをより活発にしたり効率的に運用を行えます。

金融は資金の取引を行うことで成立するビジネスです。
お金は持っているだけでは増えません。

銀行はお金を消費者から預かり、預かったお金を

事業で必要になる資金としてや個人の住宅ローンなどで

必要になっている人に貸し出します。

支払った利息と受け取った差額で

銀行は利益を作っているのです。

金融とは経済を作るためにお金の流れを作り経済を循環させ

国の環境や生活の仕組みを作る役割です。

FXなどの投資では、
自分の持っている資産を増やすための運用が

目的になっていますので

 

無理な投資を行わず金融の仕組みを分かり少しずつ

投資を行い学ぶという姿勢が初心者トレードでは必要です。

 

****************************


FXなどの為替取引に必ず必要になる

知識は金利の仕組みや、種類です。
 

まず金利を説明しようと思いますが

金利とはお金を一定期間貸し借りする場合の価格です。

投資では国の経済状況や信用リスクなどに

より基準が決まります。

国がコントロールする短期金利と市場によって決まる長期金利があり
通貨の金利の基準となります。国債の金利が長期金利になります。

 

 

******************************
 

金利の種類には固定金利、変動金利の2種類があります。

固定金利とは

 

借入時に完済されるまでの金利が決定します。

住宅ローンなどで使用される金利です。

変動金利とは

 

市場動向に合わせて変わる金利です。

 

低金利時代の短期ローンではメリットを

享受しやすくなります。
 


金融機関の金利が上昇したというニュースの内容で

 

物価が2〜3%も上がっていては

預金の金利が0.7%上がったとしても良い

環境だとは思いません。

 

金利の種類には物価を判断しないと

いけないものもあります。
 

***************************

FX投資における現在の環境と金利、

スワップポイントの関係について説明します。

どうして環境と金利、スワップポイントの

関係について説明するかといいますと

 

これは為替や金利など国の環境によって

利益を上げる投資ではリスクとリターンが国により違い

 

新興国などの通貨によっては大きなリスク
がある
からです。


FX投資を行う知識として現在の環境から

FXを行うにはスワップポイント狙った取引が

 

重要とお伝えいたしましたが
もう少し詳しく説明させていただきす。


***************************

 

スワップポイント(スワップ金利)

詳しく説明させていただきます。

スワップポイントとは金利差を利用し日本円より金利の高い

通貨に換金し預金すれば差額が還元されるという仕組みです。

米ドルで預金する場合100万円を米ドルで保有すると
米ドル/円100円とすると1万ドル保有できます。

政策金利日本0.1アメリカ1とすると日本の銀行

1年間保有すると利息は1000円です。

アメリカの米ドルで保有すると金利は1%なので

1年保有すると利息は100ドル/1万円になります。

この差9000円がスワップポイントです。

日本円よりも金利の高い通貨に換金・預金すれば

金利差が自ら還元されます。

***************************

             

FXは為替の変動や金利の差額で利益を上げますが。

国によっては高金利通貨を取り扱う国もあり

 

オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどは

金利が2%〜7.5%とかなり高い金利になっています。

関連ブログでお伝えいたしましたがFXの海外業者(会社)は
レバレッジ1000倍で投資できるのは

 

海外は規制が緩和されていて

高い倍率で投資を行えるからです。

高金利通貨(オーストラリアドル)で資産を保有すると

1年間で19倍の利回りを達成できます。

****************************
 

スワップ取引にはリスクもあります

高金利通貨の国には新興国という

市場の参加が少ない国もあります。
 

これは新興国の市場が安定していないという環境が原因で
そのリスクの反動で金利も高いという意味です。


新興国自体が債務不履行(デフォルト)になると

通貨価値は急落します

この場合の損失はスワップポイントで得た利益を

はるかに超えるものになると想定されます。

このため注文方法もリスクを避ける注文があり為替に対しての

損を防ぐために注文は「逆指値注文」にする

 

レバレッジを抑えた注文にするなど
リスクを回避した注文を行うことが重要です。

 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)携帯からの検索は

一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます

 

携帯、スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ブログを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。

 

関連サイト 投資商材、分析紹介ブログ

FX「投資商材」徹底分析 利益に変わるブログ

 

こちらのURLから閲覧をお願いします。

https://toushi-return.xyz


***************************

author:アプリブログ, category:投資, 15:20
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:20
-, -
Comment