RSS | ATOM | SEARCH
FXの指標で買われすぎ売られすぎを判断するRSIとは

 

 

閲覧ありがとうございます。
FXには為替チャートを推測するための

 

インジケーターを設定し傾向をラインなどを

引いて把握しますがインジケーターは複数ございます。

今回はインジケーターの1つである

RSIについて説明させていただきます。


RSIとは為替チャートの上昇、下落を見る指標です。

わかりやすく説明すると

為替相場で保有している通貨売買基準

 

(どこから買われ過ぎた、どこから売られ過ぎた)

 

がわかるようにRSIという
指標で数値を表しているのです。


株価が上がりすぎると心理的に

かなり通貨が買われそろそろ市場が下がるのではないか

 

逆に何日か売られていたとしたら
かなり通貨が売られそろそろ上昇するのではないのか

 

と考える人が多いのですが
この為替チャートの指標を推測する
(チャートの動きの幅から基準を決めこの幅の上下何%の変動で)

 

買われすぎ、売られすぎを数値でわかり

外貨の売買のタイミングをわかります。

数値が30%以下になると「売られ過ぎ70%以上になると
買われ過ぎ」と判断しトレードの基本になります。


***************************

 

RSIは買われ過ぎ、売られ過ぎを

推測するものなので、

 

指標が下降局面になっている場合に

通貨を購入する仕組み逆張り

 

上昇局面になっている場合に通貨を

購入する仕組み順張りといい

逆張りの場合はトレンドとは反対の局面で取引を行うので
非常にリスクとリターンが大きい取引方法です。


為替チャートはインジケーターという

ライン上に表示された数値を波にしたもので

 

チャートの波の変化を結果として入力されたデータですが
このデータの変化を為替チャートで推測する指標がRSIです。


 



***************************

RSIとは

テクニカル分析を行うための指標です。

 

逆張りが基本なので

ハイリスク、ハイリターンの取引になりますが

 

RSI一つの指標では

トレードで損失が出てしま

可能性が高い指標です。

テクニカル分析に併用して用いる指標としては

ダイバージェンスローソク足のプライスアクションで

エントリーする方法があります。

トレンドを判断する場合は

トレンド転換の後RSIが50を超える割るで新しい

トレンドが継続しそうだという合図になっています。

RSIがわかる動画

 





 

***************************

RSIはトレンドの判断に使う場合もあります。

下降トレンドや上昇トレンドがRSIが

50より上か下かで判断します。


これは下降トレンドから上昇トレンドへの

反転シグナルの後RSIが50より上の場合は

上昇トレンドが継続しする可能性が高いという指標です。

逆に上昇トレンドから下降トレンドへの

反転シグナルの後、RSIが50より下の場合、

 

下降トレンドが継続する可能性が

高いという判断をします。
 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)携帯からの検索は

一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます

 

携帯、スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ブログを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。

 

関連サイト 投資商材、分析紹介ブログ

FX「投資商材」徹底分析 利益に変わるブログ

 

こちらのURLから閲覧をお願いします。

https://toushi-return.xyz


***************************

author:アプリブログ, category:FX, 15:36
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:36
-, -
Comment