RSS | ATOM | SEARCH
FXで必要な金融と金融商品の選び方を説明

JUGEMテーマ:生活お役立ち

 

 

金融と金利など似ている単語は間違え

やすいので説明させて頂きます。

****************************

金融とはお金の流れを言います。

金融とはお金が必要な人にお金を持っている人が

お金を貸す投資する仕組みを言います。

会社が営業を行うため商品を開発する、

取引するなど必要になるお金を
 

借りる場合銀行などの金融機関から

借りる場合もありますが、

会社は運用資金を作るため株式といった証券を作り

お金を持っている人に販売します。

この証券をお金を持っている人に買ってもらう

投資してもらう場合を言います。

分かりやすく言うとお金を借りるために

会社や銀行が発行できる証券や債券をお金を持っている人に

買ってもらい資金を作る流れを言います。

*********************************

金利は銀行にお金を預け、もらうお金(利息の幅)や

国が貿易など企業の作った商品を売る、

他の国の商品や農作物を買う場合に発生し

 

国がプラスやマイナスになったお金を国の環境を調査し

銀行や金融機関が金利を上げたり下げたりする

判断を下す仕組みです。

 



****************************

FXに必要な金融とは

どこの会社で口座を開くかという意味です。

初心者の方は悩まれると思いますが、

コストや便利な機能サポート体制など


会社の特徴を理解し自分にあった

口座を選んだ開設が重要です。

ここで間違えてはいけないのは

ネット証券や銀行でFX口座を開くのではなく

FXだけ取引をしている会社を選ぶ必要があります。

ネット証券や銀行などでは他の投資商品も販売しています。

データ管理などもシステムになっているのですが

投資が複数ある場合管理が分かりづらいので、

FX会社を選ぶと口座を管理しやすいです。

****************************
 

直接金融と間接金融の違い

直接金融とは


直接金融とはお金を必要とする相手に直接お金を

出資する場合です。


(株式や債券など)投資家、出資者は株式や債券を

  購入し配当や利息を受け取ります。

間接金融とは


お金が必要な人に預金者からお金を借り貸し出します。

 

分かりやすくいうと銀行の仕組みで

お金を預ける人と借りる人がいるという意味です。

****************************

金融の仕組みを分かると流れをより

活発にしたり効率的にした取引ができます。

金融は資金の取引を行うことで成立するビジネスです。
お金は持っているだけでは増えません。

銀行はお金を消費者から預かり、預かったお金を

事業で必要になる資金として、個人の住宅ローンなどで

必要になっている人に貸し出します。

支払った利息と受け取った差額で銀行は

利益を作っているのです。

金融とは経済を作るためにお金の流れを作り経済を循環させて

国の環境や生活の仕組みを作る役割です。

FXなどの投資では、
自分の持っている資産を増やすための運用が

目的になっています


初心者の方は無理な投資を行わず金融の仕組みを

分かり少しずつ行う投資が懸命です。

 

*************************

 

 

 



前回は投資を行う前に間違えてはいけない

ポイントを説明しましたが
 

習慣化する時には自分にあった投資スタンスで

運用できる商品の特徴を理解する必要があります。

商品の特徴を理解していないと

保有している資産をどれくらいの期間保有すれば

よいかわからず マイナスになってしまう場合があります。

商品の特徴を理解するには

金融商品を選ぶ前に資産運用の考え方を学ぶ

が必要あります。

資産運用の考え方の基本は安全資産とリスク資産を分散し

バランスをとり長期的に資産を保有しチェックすることです。

もしあなたが資産運用されるのであればまず無料診断を利用し

 

「どのくらいのお金を運用に回しても大丈夫なのか」
「どの商品をどういった方法で運用するのか」
「この金融商品は自分の資産にあった商品なのか?」

 

など自分の資産状況に合った資産運用を考えた運用が大切です。

 

****************************


      金融商品比較一覧
 

 


外貨両替 ・・・ 手元に外貨が欲しい時に利用します。銀行で両替
         すると為替手数料がかかります。円が心配な方は
         ドルやユーロを保有する動きもみられます。

外貨預金 ・・・ 大手銀行より金利が高く人件費などコストが低く
         その分手数料が安いので還元できる。


FX    ・・・ 外貨預金やMMFに比べ利回りが高いだけでなく
          為替コストが安いメリットがあります

 

          レバレッジを1倍にすれば外貨預金に 

          近い感覚で取引できます。

投資信託 ・・・ 投資信託(ファンド)は複数の人からお金を集め株
           や債券に投資します。多くの商品は1万円から投資
               できますが1000円から投資できる商品もあります。


   債券    ・・・ 国や企業が投資家からお金を借りる際発行する証明書 

                      債券を購入するという場合は国や

          企業にお金を貸するという意味です。
 


考え方としては自分でできる

投資を分かりギャンブルのように

資産を運用するというよりは、

 

持っているお金を安全に増やしていく、

元本が減ってしまうような運用は

行わない投資が基本です。

初心者の方ができる勉強法は

 

金融商品の知識を増やし定額で少しずつ運用を行い

運用後の商品の動きをチェックし記録をつけ

金融商品の違いが分かると資金に合った運用を行えます
 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)携帯からの検索は

一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます携帯、

 

スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ページを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。


関連サイト 情報商材分析、販売ブログ 
FX投資商材「徹底分析」利益に変わるブログ

 

はこちらのURLから閲覧をお願いします。
https://toushi-return.xyz


***************************

author:アプリブログ, category:FX, 15:20
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:20
-, -
Comment