RSS | ATOM | SEARCH
トレードにおける市場環境と環境認識の関係

JUGEMテーマ:株式投資、FX

 

こんにちは
前回は価格変動リスクをお伝えいたしましたが、

 

今回は投資を行う市場環境について

説明させていただきます。

**************************

関連ブログで環境要因が投資の90%を決定すると

お伝えいたしましたが、この環境要因が市場環境です。

国によって違いますが日本の経済環境は

アメリカ、中国、ヨーロッパなど先進国や経済の影響

(貿易、輸出、輸入など)で成り立っています。

市場環境は利上げ時期をめぐる債券市場の

ボラティリティーが高まっています。
 

これは債券投資の興味が

高まっているということです。


 



マーケットや市場の動向をわかるにはYouTube動画や

ネット証券の初心者向け動画を見ると伝えましたが。

動画を見ていてわからない内容は

市場環境についての専門用語だと思います。


このトレードに必要な専門用語

FRB(連邦準備制度理事会)などは

 

Googleなどの検索エンジンを使えば

調べることもできますが、

 

テーマを決めていろいろな動画を見ていると

仕組みがわかるようになります。

あとは自分で知識を身につけるために

少額から自分の始めようと思っている投資に

 

お金を使い運用、トレードを

実践すればわかるようになります。

市場環境は行う投資で必要になる情報が違うので

大まかなマーケット動向と推測に必要になる用語を

理解する知識が大切です。

*****************************

金利や為替の変動要因は市場環境とセットになっています。

 

現在のマーケット、市場環境は、中国の景気が底を

ついたかどうかで変わります

 

マーケット指標のマイナスがストップしプラスに変わるには

中国景気の底打ちが大切です。

FXは投資家の買い戻しや金利の変動で取引を

行う指標になっていますので市場環境の変化で

 

起こる保有国の金利動向を推測し相場を判断する

経験がトレードには重要です。

トレードの参考になるマーケット動向がわかる動画を

セットにしましたのでご覧ください。


 


この動画は参考ですが

こういったYouTube動画を検索サイトで調べ

 

トレードの参考にし金利などの引き上げ、引き下げに対し

必要になる専門知識を少しずつ続けながら

 

どのタイミングで金融が活発になるのかが

わかると指標が上がる前にタイミングよく

トレード(買い)を行えます。

*******************************

また主要通貨予想などFXにも為替の変化がわかる指標を

マーケット動画として伝えている場合もあります。

株やファンドの場合は金融商品になっていますので推測できる

チャートと指標が基準価格を中心に載っていますが

 

FXの場合は為替になりますので直近から

3ヶ月後、半年後、1年後などの通貨ペアを参考にします。

焦らず少しずつ知識を増やしながら投資を行ってください。
 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)携帯からの検索は

一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます携帯、

 

スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ページを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。


関連サイト 情報商材分析、販売ブログ 
FX投資商材「徹底分析」利益に変わるブログ

 

はこちらのURLから閲覧をお願いします。
https://toushi-return.xyz


***************************

author:アプリブログ, category:FX, 15:21
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:21
-, -
Comment