RSS | ATOM | SEARCH
チャートパターンの基本をわかり環境を判断するには

JUGEMテーマ:FX初心者

 

FXローソク足チャートの見方と関係があるのですが
為替チャートの指標の形で為替の判断を行う

基本パターンを教えます。

この為替チャートの基本パターンは

売りと買いの決済を行う為の指標の見方であり

 

トレンドの傾向を指標の波の動きや形で判断するため

の相場が形成された後の結果です。

FX投資を行う場合投資期間は短期間になります。

市場分析を行い投資する期間を考え

買いの合図になるまでは為替チャートの傾向を把握しておく

と取引のタイミングを間違えません。

***************************

それでは判断を行う為の基本パターンを紹介します。

Wトップ、Wボトム     

相場の天井(一番上)と相場の底(一番下)を表します。


Wトップは上昇傾向の低下、上昇の変化

(上昇ストップ)を表し
Wトップでは売りの合図で判断します。


Wボトムは下降傾向の低下、下降の変化

(下降ストップ)を表し
Wボトムは買いの合図で判断します。


 

ヘッドアンドショルダー  

相場の天井、大底になる可能性を表します。
 

ネックラインから頭頂まで大幅に

下落する可能性が有ります

この形はトレンドが上昇トレンドから

下降トレンンドに変わる時、


逆の下降トレンドから上昇トレンドに変わる時に

現れる反転パターンもあります。

こういった指標の形を推測できる

スキャルピングのように超短期トレードの実践もできます。

*****************************

 



欲任せのトレードはギャンブルと同じです

 

FXは外貨トレードを基本に利益を上げる投資ですので

国の環境と金利情報、短期、中期、長期の保有外貨情報など

 

買いのタイミングなのか売りのタイミングなのか
それとも保有維持(待機期間)や投資を行わない期間なのか

環境を判断して行う投資です。

24時間投資するよりも相場が動く時間や期間に

タイミングよくトレードを行う短期間の投資です。

***************************


FX指標はテクニカル分析を行うこともできます。

 

トレーダーはテクニカル分析を行い

価格データを分析し価格の推移を予測します。

過去のパターンを見つけ出し
それを元に

トレードの方法を作り発生しているパターンを識別し

利益になるトレードを推測します。

相場で起こる流れは人同士の取引になっています。

 

だからテクニカル分析でサインが発生する前から

自分でやるべき推測がわかり早い段階でエントリーできます。

FXは相場が大切です。

午前中の取引(前場)で取引するようにしましょう。

自分のルールにあった分析を行い

ルールに合った意思決定を行うべきです。
 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)携帯からの検索は

一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます携帯、

 

スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ページを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。


関連サイト 情報商材分析、販売ブログ 
FX投資商材「徹底分析」利益に変わるブログ

 

はこちらのURLから閲覧をお願いします。
https://toushi-return.xyz


***************************

author:アプリブログ, category:FX, 15:35
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:35
-, -
Comment