RSS | ATOM | SEARCH
金利の上昇とダイバージェンス指標の関係を説明

JUGEMテーマ:FX

 

閲覧ありがとうございます。

日本の環境は低金利が続いています

自分の資産を外貨預金や外責、投資信託などで

運用する人が増えています

これは高金利に興味を持つ人は資金が集まると

為替が強くなりますが
 

短期期間で利益や損失が発生する投資では

資金が流動すると為替が大きく下落する可能性があります。

FX投資はレバレッジをかけ行う取引なので

金額が1円上がるとレバレッジの倍率次第では

何十万円と損をしてしまうリスクがあります。

日本は通貨が安いので円を売って通貨が高い米ドル、

豪ドルを買い差額を利益として受け取ります。


しかし金利の高い通貨を売って金利の安い通貨を

買う場合には損失が発生します。

経済環境がマーケットや日銀などの発言により

信用できる通貨が買われ信用できない通貨は売られます。

 

これが資金の流動につながり為替が

きく変化する要因になります。

***************************

 

オシレータの値動きと指標が逆行する

ダイバージェンスとは何かを説明いたします。

ダイバージェンスとは

値動きとインジゲータの動きが逆行する現象をいいます。

これは値動きなどチャートの指数が変動する

トレンドが変わる
タイミングをわかるための逆行現象です。


このダイバージェンスにも上昇ダイバージェンスと

下降ダイバージェンスがあり


トレンドが継続するかどうかを

判断する基準になっています。
それではダイバージェンスのパターンを紹介します。


****************************
 

ペアリッシュダイバージェンス
 

下降トレンドに転換する可能性が高くなります。

テクニカル指標は下降しているが

チャートの推移が上昇しています。


ブリッシュダイバージェンス
 

上昇トレンドに転換する可能性が高くなります。

テクニカル指標は横ばいなのにチャートの

推移は下降しています。

****************************


          

 

通常テクニカル指標は、相場の予測を

行いローソク足も同じトレンドを示します。


テクニカル指標にダイバージェンスが現れた時、

トレンドの転換が近いと予想されます。

わかりずらいのでYouTube動画

セットにしたのでご覧ください。

 


           

ダイバージェンスは進む方向を示してくれますので

判断できると利益を推測できるということになります。

****************************


FXは為替の変動や金利の差額で利益を上げますが。

国によっては高金利通貨を取り扱う国もあり

オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどは

 

金利が2%〜7.5%とかなり高い
金利になっています。


関連ブログでお伝えいたしましたが

FXの海外業者(会社)は
レバレッジ1000倍で投資できるのは

 

海外は規制が緩和されていて高い倍率で

投資できるからです。

高金利通貨(オーストラリアドル)で資産を保有すると

1年間で19倍の利回りを達成できます。

 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)携帯からの検索は

一番下のさがすから検索お願いします。


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます携帯、

 

スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ページを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。


関連サイト 情報商材分析、販売ブログ 
FX投資商材「徹底分析」利益に変わるブログ

 

はこちらのURLから閲覧をお願いします。
https://toushi-return.xyz


***************************

author:アプリブログ, category:FX, 15:26
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:26
-, -
Comment